三段謎について

なぞなぞのひとつに三段謎というのがある。

AとかけてBととく。そのココロはCだ、というあれだ。

この三段謎、作文にも応用できそうだが、実際のところ、どうなのだろうか?

うまく決まれば説得力が上がるし、ひねりが効いていて文章としてもたしかに面白いものになるだろう。

しかし問題もある。論理にアクロバット的な飛躍があるため詭弁が入り込みやすいことだ。その結果、書く側も知らないうちに間違った論証をしてしまう危険性がある。

したがって厳密な論理が要求されないエッセイなどを除ければ、この三段謎はあまりおすすめできない。少なくとも論説文など実用的な文章では少々平板になってもやはりきちんとした論証方法を用いるべきだろう。

こちらもご覧ください。

人気の投稿