2019-10

文章術

作文は走る事に似ている

走る事自体は誰にでもできる。しかし正しいフォームで速く走れる人はそう多くない。それにあてもなく走るなら別だが、通常は目的となるゴールがあるわけで、なかにはゴールにたどり着けず、途中で道に迷ってしまう人もいるだろう。さらには正しいスタートダッ...
文章術

「その意味で〜」にご注意

私もしばしば多用してしまうのだが、「その意味で〜」という言い回しには注意が必要だ。 そもそも「その意味で〜」はどんなときに使われるのだろうか? 一般には、論理展開の最後にそれまでの論証を「まとめる」際に使われることが多い。したが...
文章術

三段謎について

なぞなぞのひとつに三段謎というのがある。 AとかけてBととく。そのココロはCだ、というあれだ。 この三段謎、作文にも応用できそうだが、実際のところ、どうなのだろうか? うまく決まれば説得力が上がるし、ひねりが効いていて文章...
文章術

「論証」における具体的な展開方法は?

「論証」における具体的な展開方法は? こうするとよい。 「なぜなら〜〜〜だから」と答えを提示する。ここでは演繹法と帰納法で証明する。 簡単なものは、それで納得してもらえれるはずだが、複雑な問題になるとそう簡単にいかない。 ...
文章術

文章が書けないのは思考が熟していないから

文章が書けないのは、思考が熟していないからだ。思考が熟していないというのは考えが論理的に完結していないということである。論理的に完結していないというのは論理的な整合性が取れていないということである。 論理的な整合性が取れていないないこ...
文章術

文は問いで展開させていく

文は問いで展開させていくとよい。具体的な方法としては「なぜそういえるのか?」「だからどうなるのか?」「どうすればよいのか?」という問いを要所要所にはさみながら文を展開させていくのである。 なぜそういえるのか? 以前から主張してい...
文章術

PREP法の限界

文章構成術のひとつにPREP法というものがある。 PREP法というのは、 P=Point(結論) R=Reason(理由) E=Example(事例、具体例) P=Point(結論を繰り返す) の頭文字をとったもので...
文章術

三行作文公式の「まとめ」について

私もそうだが、「まとめ」をどう書けばよいのか悩む人は多いようだ。 ではどう書けばよいのか? それを考えるため、「まとめ」にはそもそもどんな内容が入るのか調べてみた。 ざっと調べたところ以下のような内容が多いようだ。 ...
タイトルとURLをコピーしました