セールスライティングの終焉は近い

アイディアで世界を変える

LP(ランディングページ)で一番大切なのは「お客様の声」だという。それを最初に聞いた時は正直驚いたが、同時にさもありなんとも思った。セールスレターなどなくてもお客様の声さえあれば売れるとまで言い切るセールスライターもいる。それがセールスライターの自己否定であることを知った上での発言なのかはわからない。が、少なくともそうした現実を認識しているからこそ漏れ出てきた本音であろう。

しかしこれは何を意味するのか? いまや誰もセールスレターなぞ信じていないということである。つまりいくら巧みなセールスレターを書いても無駄ということだ。セールスライティングのテクニックはもはや紙くず同然ということである。すなわち、これはセールスライターによるセールスライティングの敗北宣言である。

いまや販売戦略の重心は、広告からPRへと移っている。メッセージを一方的に連呼するだけの広告はもはやほとんど効果がない。その広告の、その進化のどん詰まりに咲いた徒花ともいうべきセールスレターもまた同じ運命をたどるのは必然であろう。

かつてバブル華やかなりし頃、車や英会話のセールスマンが何千万、何億円を売り上げたといって世の耳目を集めた後、あっというまに表舞台から消えていったのと同じように、今現在、何千万円稼いでいるとネット上でもてはやされているセールスライターの多くもまもなく退場を余儀なくされるだろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。