ウエブデザイン

ウエブデザイン

お洒落なホームページは役立たず? 「かっこいい」ホームページデザイン不要論

世の中にはそれこそ無数のホームページがあります。なかには、よほどお金をかけて作ったものと思われる、いかにもおしゃれなデザインの、いわゆる「かっこいいサイト」も少なくありません。しかしそれだけかっこいいのだから、よほどにぎわっているのだろうと...
ウエブデザイン

知ってましたか? 売れるホームページは発注力が8割

売れるオンラインショップ、効果的なホームページを作りたかったら発注力を磨きなさい!! ホームページには二種類あります。成果の上がるホームページとそうでないホームページです。 どちらかを選べといわれたら、あなたはどちらを選びますか? ...
ウエブデザイン

ホームページの反応率を上げたい? だったらコンセプトを見直してみよう。

アクセスはそれなりにある。デザインもまあまあ。商品力もあるはず。なのにホームページの反応率がいまいち…。そんな時はコンセプトが適切かどうかを疑ってみてください。こういった場合、問題は往々にしてコンセプトの不適切さにあることが多いようです...
ウエブデザイン

関与度と反応順序ー的外れな表現をしないために知っておきたい消費者行動論の基礎

関与度の高低と反応順序の違い 認知=商品の情報を知る段階 態度=商品への評価を下す段階 行動=購買(使用)の段階 図2 関与度と並んでもうひとつ、重要なのが「理性商品」と「感性商品」という商品の分類方法です。 理性商品と...
ウエブデザイン

あなたのホームページは大丈夫?コンセプトの不適切さが原因となる6つの間違いパターン

反応率が悪いのは、コンセプトが原因かも? SEOはもちろんばっちり施した。EFOやらグロースハックやらも横文字でよくわからないながらも、それなりの対策はいちおう施した。にも関わらず、どういうわけか思うように売れない・・・・。 おかしい。こ...
ウエブデザイン

基本に戻ると見えてくる。ネット販売におけるブランディングの本質とは?

図15 ここでブランディングについて考察してみましょう。 まずブランディングとは一体何を意味するのでしょうか。 ブランディングの定義はいくつもありますが、多くのひとはそれらを読んでも抽象的すぎてよくわからないというのが正直なとこ...
ウエブデザイン

AIDMAもAISASも片手落ち。現場で使えるWEBデザインの本命モデルはこれだ!

webデザインの指針となるDSCA理論 図13 図14 以上の考察から導きだされたのが、このDSCAサイクルとそれに対応するコミュニケーションプロセスです。ここまで読んでこられた方にはこれ以上説明の要はないと思いますが、念のためい...
ウエブデザイン

【検索エンジン対策】検索エンジンで思わずクリックしたくなる紹介文の書き方12の方法

検索エンジン登録文の書き方 得する情報を入れる 欲求に訴える お客様個人に呼びかける 具体例を示す 数字の魔力 謎を残す 顧客歓迎 権威に訴える 難しい言葉を使う 伏せ字を使う 挑発する 芸能人の名前を入れる 次に検索エンジン登録文...
ウエブデザイン

クリックされるバナー表現には○○と○○が必要。広告心理学から導きだされた結論とは?

バナー広告の作り方 サイトへの誘導が目的の場合 注意(アテンション)と興味(インタレスト)の要素を埋め込む 注意 興味 目玉 性的シンボル 動画 利益 謎 限定 お客様個人への呼びかけ 損失の示唆 ...
ウエブデザイン

ナビゲーション

商品へのスムーズな誘導がポイント (商品への誘導に役に立たない)フラッシュ動画は邪魔 看板画像だけでメニュー部分がないトップページもよくない
タイトルとURLをコピーしました