限界費用ゼロ社会

限界費用ゼロ社会が近い将来到来するといわれている。

となれば、効率性追求が極限まで進行する現在、経済のバリューチェインに残された最後の「非効率性」は消費にあるのかもしれない。

買い物に失敗することはあきらかに無駄を生み、経済全体の効率を損なうからだ。

あたかもダイヤモンドででもあるかのように消費者を幻惑させ、ただのガラス玉をつかませることを商売の種にしてきた広告会社はいよいよ肩身が狭くなるだろう。

しかし、だからこそ逆にそこに商機もあるはずだ。

真っ先に考えられるのは購買支援ビジネスである。

いままでのような販売支援あるいは販売代理というビジネスモデルではなく…。

要は、消費の最大化ではなく消費の最適化を支援するという方向だ。

タイトルとURLをコピーしました