作文方程式について

作文方程式誕生のいきさつ

書いていると横道にそれてしまうーー。何を言っているのか自分でもわからなくなるーー。尻切れトンボになるーー。書くことに対して、そんな悩みを抱えている人は少なくないようです。

そういうといかにも人ごとのようですが、じつは私も作文は昔から大の苦手でした。正直いうと今もけっして得意なわけではありません。そんな私がなぜこのような本を書こうと思ったのか? そこにはそれなりのわけがあります。

まずはそこからお話しましょう。

私が子供の頃から作文が苦手だったことはいま述べた通りです。ところが、どういうわけか、私が社会人になってからもぐりこんだのはなんとマスコミ業界でした。しかもそこで何食わぬ顔でライターを名乗っていたのですから、人の運命というのはどこでどう転ぶかわからないものです。

とはいえ、当たり前ですが、ライターの名刺を作ったからといって、その日から突然、文章力が爆上がりして、万事めでたしめでたしとなるわけではありません。当然ながら書いては消し、書いては消しを繰り返しつつ、それこそ文字通り苦吟しながら日々原稿用紙と格闘していたのを思い出します。バブル時代という特殊な状況だったことを差し引いても、あれでよく食えていたなと驚くというよりあきれかえってしまいます。

それに加えて、当時の私にはもうひとつ腑に落ちないことがありました。それはそんな私でもなぜかスラスラ書けるとき「も」あるということです。いや「気持ちが乗る乗らない」といった気分的な話ではありません。気分とはまったく無関係にそれまでと打って変わって筆が自然に動くときがあるのです。

なぜ筆が動くときと動かないときがあるのでしょうか? 文才というのは、ある日突然目覚めたり、眠ったりするものなのでしょうか? いいや、そんなはずがありません。持って生まれた才能というのはそんな気まぐれなものではないはずです。

長年不思議に思っていた私はある日、そこにひとつの共通項を発見しました。それは、書けるときは例外なく「問いが明確になっている」のに対し、書けないときは「問いが明確になっていない」ということです。

なぜ「問い」が明確になっていないと書けないのでしょうか?

ここには文章というものの本質が関係してきます。

そもそも、文章というのは突き詰めていえば「問い」に対する「答え」です。なんらかの疑問がそこにあり、その疑問に対して答えを提示するというのが文章の基本的な構造です。

そのことはコミュニケーションの原型が、たとえば原始人同士の「あれはなんだ?」「イノシシだ!」といった言葉による問いかけとそれに対する応答であること、さらにそのコミュニケーションの発展形が文章であることに思いを馳せられる人であれば容易にうなずいていただけるのではないでしょうか?

したがって明確な文章を書くためには、その前提条件としてまず問いが明確である必要があります。なぜなら問いが明確でなければ明確な答えは出せないし、明確な答えが出せなければ明確な文章は書けないからです。

そこまで思い至った私の頭のなかにパッと光が灯りました。

ーーということは『問い』さえ明確にできれば、文章を書くのはそう難しくないのでは?

ーー文章が問いと答えという基本構造からできているのであれば、それを一定の法則のもとに展開することで文章として組み立て直すことも可能なのでは?

こうした一連のひらめきから導き出されたのが、ここにご紹介する作文方程式です。

作文方程式とは?

作文方程式というのは、いうまでもなく私の造語です。数学の方程式のように未知数となる部分に言葉をあてはめていくだけで、答えが導き出せるところからそう名付けました。

ここでいう答えとはなんでしょうか?

アウトラインです。

アウトラインというのは文章の骨子であり、骨組みのことです。具体的には、書き出しから本文、そしてまとめに至るまでの流れを短い言葉で書き記したものです。

車の運転にたとえれば地図、もしくはカーナビのようなものです。

アウトラインも作らず文章を書くのは地図やカーナビも持たずに車を運転することに似ています。それは自分が今どこにいるのかもわからず闇雲に走り回るようなものです。しかしそれでは走れば走るほど道に迷うばかりでしょう。

書けないというのは要するにそういうことです。出発しようにも向かう先がわからないから動けないのです。だから、うんうん唸ってばかりで一向に書き出せないし、たとえ書き出せたとしても途中でどの方向に行けばよいのかわからなくなってしまうのです。だから、いつのまにか横道にそれてしまったり、何を書いているのか自分でもわからなくなったりしてしまうのです。

作文方程式はこのアウトラインを導くためのシンプルな方法論です。またその作成を支援する実践的なツールでもあります。これを使えば、指示にしたがって入力するだけで文章の骨組みとなる明快なアウトラインが簡単に導き出せます。さらにそこへ枝葉となる表現を肉付けしていくことで筋道の通った、わかりやすい、しかも個性的な文章が誰でも簡単に書けるようになります。

この本の対象者

この本が対象にしているのは次のような人たちです。

1、まったく書けない人
2、ある程度、書けるが安定しない人
3、文章の組み立てにもっと意識的になりたい人

また次のような人たちは対象外となっています。

1、文章の表現力を高めたい人
2、名文を書きたい人
3、小説や詩、手紙文など文学的な文章を学びたい人

なぜ後者を対象外とし、前者に対象を絞ったのかについては冒頭のいきさつをお読みになった方であればご理解いただけるかと思います。そうです。理由はこの作文方程式という方法論自体、「書けない」私が「書けない人」のために作ったものだからです

ここで、みなさんのなかには「書けない」私になぜ「書くための本」が書けるのか、と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

先に答えを言っておくと、「名選手必ずしも名コーチにあらず」ということです。むしろ私からすれば「下手な選手でないと名コーチにはなれない」といいたいくらいです。

これに関連して私がいつも思うのは、文章の書き方を教える本は世の中にたくさんあるのに、「書けない」人の役に立つものは驚くほど少ないということです。

もちろん「書けない人」、つまり初心者向けを謳った文章ノウハウ本もあるにはあります。けれど私のように本当に「書けない人」からするとそれらはどれも的外れなのです。書けない人の悩みがわかっていないというか、ツボにはまっていないというか‥そこじゃない!、という違和感がどうしても拭えないのです。

なぜ的外れになってしまうのでしょうか? それはこうした本を書く人のほとんどが「書ける人」だからだと私は考えています。

物心つく頃からそれなりに書けていた人は、文章というものは書けて当然で、話したり、歩いたりするのと同じくらい自然で当たり前の能力と思っている節があります。そんな人にしてみれば、どうやって話すのかとか、どうやって歩くのか、と聞かれても面食らってしまうことでしょう。

要するに「書ける人」には「書けない人」の悩みはわからないのです。書けないという状態がどういうものなのか理解できないし、想像もできないのです。

「書ける人」が書いた文章ノウハウ本が「書けない人」には役に立たず、的外れになってしまう理由もそこにあります。

だからこそ、「書けない私」が、「書けない人」の目線で、「書けない人」のために、本当に「書けるようになる本」を書こうと思い立ったのです。

書けない人はどこでつまづいている?

そもそも、書けない人は一体どこでつまづいているのでしょうか?

じつのところ、彼ら彼女らは、どうすればもっと気の効いた言い回しにできるかで悩んでいるわけではありません。文章をどう組み立てたらよいのか、つまりどんな言葉をどんな順序で並べていけばよいのか、という始めの一歩、いやそれ以前の段階でつまづいているのです。

先ほどたとえに出した車の運転でいえば、目的地までの道のりを示す地図、もしくはカーナビがないため出発できないでいる状態です。すなわち、文章の地図を示すアウトラインがないため、何をどう書けばよいのか途方にくれているということです。

この作文方程式がフォーカスしているのは、まさにこのアウトラインです。その最大の目的もこのアウトラインという文章の地図をあなたの前に提示することにあります。

地図、もしくはカーナビさえあれば道に迷わないように、この作文方程式があれば文章作成という道のりで方角を失うことがなくなります。またそれを指針とすることで、横道にそれることなく、論理の明快なわかりやすい文章を、最後までスラスラと書けるようになります。さらにこれを十分理解して使いこなせるようになった暁には、これに頼ることなく、自分だけの力で思い通りの文章を自由自在に紡ぎ出せるようになるはずです。

もちろん、それがどこまで実現できるかは人にもよりますのでフタを開けてみないとわかりません。けれど少なくとも私自身についていえば、この方法論を発見して以来、あれほど苦吟の連続だったライティング作業が格段に楽になったことは間違いありません。

一人でも多くの人が、この作文方程式というカーナビならぬ「文章ナビ」を使いこなして、文章作成という険しくも楽しい道のりを少しでも快適にたどれるようになることを願う一方で、今これをお読みのあなたもまたきっとそうなるであろうことを私は心の奥底でひそかに確信しています。

作文方程式のテンプレートとマニュアルのご購入はこちら→

タイトルとURLをコピーしました