アフリエイト AdSense ネットビジネスで重要な記事のテーマをどう選ぶべきか?

アフリエイトやAdSenseといえば、ブログに記事を書くだけで収入が得られるとして人気のあるネットビジネスです。しかし、そのネットビジネスをやろうとした初心者がいざブログを立ち上げたとき最初に直面する大きな問題があります。それは、どんなテーマの記事を書けばよいのかという問題です。

というのも取り上げるテーマには儲かるものとそうでないものがあるからです。一般に、投資系やコンプレックス系などが儲かるテーマとされていますが、実際、それ以外のテーマを扱った場合、アクセスを集める上でも、また商品を買ってもらう上でも最初からハンデを背負うことになります。理由は簡単です。そうしたテーマに関連する商品への人々の欲求度合いが低いからです。

ちなみに私の場合、(もちろんこのサイトではない別のサイトですが)儲からないテーマを扱っているせいか、そこそこアクセスは集めているものの儲かっているというにはほど遠い状態です。おそらくどちらかといえば社会派系というか政治色の強いニュースサイトであり、当然ながら物欲を刺激することを目的とした内容ではないというのがその最大の原因でしょう。

やりかたに工夫が足りないせいもあるかとは思いますが、何度か投資系などのアフリエイトにも挑戦してみましたが、結果はことごとく惨敗でした。

しかたがないので現在はAdSenseをメインにしていますが、収益は微々たるものです。ページビューは一日2000から5000くらいで、多いときは1万を超える時もありますが、それでも獲得できる収益は一日1000円にも届きません。時期によってクリック単価が上がるのか、月5万円以上行ったときもありますが、平均すれば月3万円にも満たない金額です。

その上、テーマが政治系のためか、ときどきAdSenseから警告がきます。多くの場合、「衝撃的なコンテンツである」というのがその理由です。衝撃的というとなにかとんでもないことを書いてるのかと思われそうですが、それはたんなるカテゴリー名であり、実際にはどうみても「(一方の側から見て)政治的に正しくない内容だから」というのが本当の理由であろうと思われます。ネットの世界が言論の自由を謳歌していたのは昔の話です。今や言論の自由などネットも含めどこにもないというのが残念ながらこの世界の真相です。

そんなこともあり、ようやく細々とした収益が上がるようになったそのサイトもいつ広告配信の停止を食らうかわかったものではありません。実際、以前、これもまた別のサイトですが、サイトごとバンされて死亡宣告を受けたこともあります。

また儲かるテーマといえば、マーケティングも儲かるテーマのひとつとされています。じつは私の専門はマーケティングなのですが、その知見を活かすべく数年前からマーケティング系のサイトも立ち上げています。

こちらです。http://creators-hack.info/

専門分野なので書き溜めた記事も多く、分量的にはそこそこ膨大といえるサイトになっています。なかには数万字以上にのぼる長文記事もいくつかあります。

しかしです。それなのにどういうわけか、ほとんどアクセスがないのです‥。「またまた!ほとんどというけど、一日数10ページビューくらいはあるんでしょ?」と思うかもしれません。しかしそれが本当にないのです。一日2、3ページビューもあればいいほうで、多くはまったくのゼロなのです!

もしやGOOGLE先生からバンされたのかと思い、調べてみましたが、どうやらそうでもないようです。記事のurlを入力すればきちんと表示されますし‥。

たしかにマーケティング分野は競争が激しいから上位表示が難しいというのは知っています。しかしこれだけ膨大な記事があるサイトが、そのアクセス数が数年間で100にも満たないというのはどうみても異常です。

まるで悪霊がグーグルと結託して、私のサイトが世に出ないよう裏で画策しているかのようにもみえます(( ;゚Д゚)))。

もしかしたら実際、そうなのかも‥。お祓いにでも行った方がよいのでしょうか(笑)

いずれにせよ、ネットビジネスで儲けようと思ったなら、やはり儲かるテーマをきちんと探し出さないとだめなようです。

こう書くと「じゃあ、みんなが儲かっているテーマを選べばいいじゃん!簡単じゃん!」という声が聞こえてきそうです。しかしながら、これもそう単純な話ではありません。なにより問題なのは、その手の「儲かるような分野」に私自身がまったくもって興味がなく、知識もないということです。

投資系や物欲系、トレンド系といった分野が儲かりそうだということはわかります。しかしそういった分野にはまったくといっていいほど興味がないのです。もともと私は、昔から物欲の薄い人間であり、いまでいう「悟り系」のさきがけのような、どちらかといえば草食系の人間なのです。

アフリ商品の定番であるダイエット商品なんて、「腹八分目にすればいいだけじゃん!」と本気で思っていますし、青汁なんてのも「新鮮な野菜から自分で作った方が安上がりでいいじゃん!」って思うような人間なんです ┓(´д`;)┏ それに男なんで化粧品のことなんてもちろんまったく知りません (`・ω・´)キリッ

そんな人間が広告業界にいたというのも考えてみれば妙な話ではあるのですが‥。

しかし、当然ながら金は欲しいです‥。金がなければ飢え死にしてしまうからです。いくら悟り系とはいえ、私はお釈迦様の境地にはほど遠い凡人です。あばら骨もあらわにやせこけて死ぬなんてまっぴらごめんです。

じゃあ、どうするか?

金儲けと割り切ってその分野の知識を仕入れ、とにかく記事を書きまくるか、あるいは興味のあるテーマをとことん追求し、一日数万ページビューをめざすか。普通は、この二択になるでしょうーー。が、よく見るとここにはもうひとつの道もありそうです。

それは、興味の範囲を広げ、儲かるテーマのど真ん中ではないにしても、そのはじっこあたりの領域を確保し、そこをマウントポジションとして自分の陣地を広げていくというやりかたです。

幸い、婚活や一部のお悩み系の分野は私も以前、仕事として関わったことがあります。なのでその気になれば書けないことはありません。

それともうひとつここでのポイントは、儲かるテーマのはしっこを狙うというところです。ど真ん中を狙ってもそこは強豪がひしめく激戦地ですから、ぽっと出の初心者がそこで付け焼き刃をいくら振り回したところで勝てる見込みは少ないでしょう。

その点、はしっこのところなら、ライバル密度は比較的低いはずですから、私のようなアフリエイト初心者でもなんとか戦えるはずです。

またマーケティング系に関しても、突破口さえ見つければ、何もお祓いなどしてもらわずとも「悪霊の呪い」をうち破ることは不可能ではないかもしれません。

そもそもマーケティングとアフリエイトの相性はきわめて高いはずです。というよりアフリエイトの核にあるのが商品販売である以上、マーケティングの知見が応用できないはずがありません。したがって出だしのコツさえつかめば後はそれなりに上昇気流に乗れるはず、といささかながら自負もしているところです。

いずれにせよ、まだまだ試行錯誤が必要な身ですが、ともあれやるっきゃありません! すぐ後ろは崖っぷちなのですからーー。とにかく前に進むことだけを考えようと思います。

みなさんもがんばりましょうー!エイエイオー!

こちらもご覧ください。

人気の投稿