アフリエイト記事で儲けたい! けど肝心な記事が書けない! そもそも何をどう書いてよいのかわからない! のっけからミもフタもない表現になってしまいましたが、こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

たしかに文章力は人によってかなりのばらつきがあります。もちろん持って生まれた才能というのもあるでしょう。しかし多くの場合、その違いはそれまで文章を作る訓練をーー意識的にか無意識的にかを問わずーーどれだけ積み重ねてきたかどうかというところに落ち着くはずです。

これは裏を返せば、きちんと勉強さえすれば、ある程度の文章は誰にでも書けるということを意味します。もちろんそれは子供ばかりでなく大人にもあてはまります。人はいくら年を取っていようと学習能力がゼロになることはないからです。

となれば、では文章力をアップさせるには具体的にどうしたらよいのか、という話になりますが、これにはいくつか方法があります。一番、オーソドックスなやり方としては文章読本などのノウハウ本から学ぶことです。

誰もがかんたんに情報発信できるネット時代のいま、文章力の重要性はかつてないほど高まっています。そうしたニーズに応えるように、書店に行けば文章力関連の本は山積みにされていますし、AMAZONで検索しても数多くの関連書籍が見つかります。さらにネット上でも似たような記事はいくらでも探せます。

したがって文章力をアップさせるだけが目的であれば、それほど難しいことではありません。そうしたノウハウ本や記事をかたっぱしから読むとともにブログなどを利用して実際に書く練習を積み重ねていけばよいだけだからです。

→三行作文術

とはいえ、ここにはひとつの大きなハードルがあります。それは書けるようになるまでには相当の努力と一定の時間がかかるということです。その証拠というわけではありませんが、文章読本を一冊読んだだけで翌日から嘘のように筆が進んで止まらなかった、などという人の話はーーまったくないとは断言しませんがーーまず聞いたことがありません。

もちろん、文章力というのはそんな一朝一夕で上達するものではありませんし、そもそもそんな魔法のような即効性を期待するほうが悪い、もっと地道に努力しろ、という声もあるでしょう。

しかしながら、そこはそれ、少しでも効率的なものを求めるのが人間というものです。それにそうした効率性へのあくなき追求心こそが人間社会の発展を促してきた大きな要因であるということも忘れてはならないでしょう。

事実、最近のテクノロジーの進歩にはめざましいものがあります。そうした中、学習というものの形態が将来今とはがらり変わるだろうという予測もなされています。なかには、自分の脳を外部のデータベースに接続し、そこから情報をダウンロードするだけで学習が完了する時代がくるだろうという識者さえいます。

そこまで行かずとも、技術の進歩が私たちの学習の仕方にも大きな影響を及ぼし始めていることは皆さんも薄々感づいているのではないでしょうか。小中学校でアイパッドを活用した授業が増えていることなどはそのひとつの例といえるでしょう。

じつはそんな未来社会を予兆させるような動きは、文章作成の分野にも及んできています。文章作成術においても今までの常識を覆す新しい技術が誕生しつつあるのです。

では、そんな時代を先取りした新しい技術とは? そしてそれに基づいた画期的な商品とは一体どのようなものなのでしょうかーー?

これです!

次世代型文章リライトツールMSR↓

マウス操作だけでどんな文章でも表現を変え、自由自在にリライトできるという新発想の文章作成支援ツールです。

これの何がすごいのかというと‥。

これがあれば、

検索でトップにくる人気の記事や成約率の高いアフリエイトサイトの文章をあなたオリジナルの文章に書き換える

ことができるのです。

つまり、

これまでは相当の文章力がないと到底書けなかったコンバージョン率の高いアフリエイト記事が誰でも、それも半自動的な作業で簡単に書けてしまう

のです。

さらに、

同じようにコンバージョン率の高いアフリエイト記事がひとつの元記事からいくらでも量産できてしまう

のです。

びっくりですね((@д@_))!

使い方も簡単です。具体的な操作方法についてはこちら↓をご覧いただきたいのですが、

要は、

1、リライトしたい文言の上でマウスを右クリック
2、リライト候補が複数表示されるので、その中からお好きな文言を選択し、クリック

というわずかふたつのクリック操作だけで、元の文章があなただけのオリジナル文章に変身してしまうわけです。

ということは、これさえあれば、これまで何年もかかっていたつらく険しい文章修行の道のりをすっとばして、誰でも今日から「売れるアフリエイト記事」がばんばん書けるということーー?

‥保留つきではありますが、要はそういうことです。

う〜ん。恐るべきは技術進歩ですね!

努力という言葉はもはや過去の遺物になってしまうのでしょうか‥。

でも。でもですよ‥。

そう、やっぱり気になりますよね。

「これってパクリじゃないの?」

当然のことながら、誰もがそう思うはずです。

実際、私も最初にこの商品をみたときそう思いました。

ただ、やはり同じような疑問が少なからず上がっているのか、商品説明にはそのあたりのことが詳しく書いてあります。

以下、抜粋します。

リライトした文章はコピー文章にならないのか?

あなたは、

「リライトした文章がコピー文章だと判断されないだろうか?」

という心配をされているかもしれませんね。

その気持ち分からないわけではありませんが、グーグルは文章内にある助詞・助動詞・単語を含めた文言を、あくまでも“機械的に判断するだけ”ですから、文言が違えば全く違う文章だと判断するはずです。

なぜそのように豪語できるのかと申しますと、日本語というのは同じ文言でも全く違う意味をなすことが多々あるからです。

例えば・・

「課題を出します。」という文言は、MSRによって「課題を提出します。」に置き換えることができますが、もしグーグルの方で「提出します」は「出します」のリライトだ(コピーだ)というふうにプログラムしているとしたら、

「水を出します。」は「水を提出します。」でも良いことになってしまいます。

こんな日本語はあり得ません。
またこのような例は、日本語には数え切れないくらい存在します。

こうした背景からも、「リライトした文章はコピー文章だ」と機械が判断することは不可能だと考えられます。
また、既に数千人の方がMSRを利用されていますが、コピー文章関連での報告は1件もありません。

どうぞ安心してご利用いただければと思います。 

だそうです。

どうやら、それほど心配するにはおよばないようですね。

ただし、いうまでもありませんが、言葉の置き換えが不十分な場合、コピー文章と判断されてしまう可能性は十分にあります。

それはだめです。絶対にいけません!

さて、ここでどうしても言っておかなければならないことがあります。

それは、私がこのツールをおススメする最大の理由はこのコピー問題とは別のところにあるということです。

このツールの一番のウリは、他人の文章をもとにオリジナルの文章を簡単に作れるというところにあるわけですが、私にとってはそうではありません。

私がこのツールに惹かれたのは、それが文章力をつける上できわめて効果的なものであるというところです。

つまり、私がこのツールを推すのは、あなたに他人の文章をコピーし、少しばかり言葉を入れ替えることで楽して文章を作ってもらいたいからではありません。そうではなく、このツールを使って効率的に文章力をつけてもらいたいからです。

でも、なぜこのツールがそれほど効果的なのでしょうか?

「真似る」ことがそのベースにあるからです。

創造は模倣から始まるといいますが、文章に限らず何事も上達のためには真似ることが一番効果的であり、一番の近道です。

わかりやすいのはスポーツです。野球や剣道の素振りを思い浮かべればわかるように、スポーツを学ぶうえで大切なのは基本的な型を何度も繰り返し練習し、身体に覚え込ませることです。

文章も同じです。

基本となる型を繰り返し、身体に覚え込ませることでその型が身に付きます。そうすることで、いわく言いがたしのコツが腑に落ち、やがて血肉になります。そうして自由に筆をふるい、そこから自在に言葉を紡ぎだすことができるようになるのです。

あなたも文章力を高めようとして、他人の文章を書き写したことがあるのではないでしょうか?

文章を書き写すと読んだ時にはわからない粗がみえてくることがあります。なぜこういう表現にしたのか、なぜ他の表現にしなかったのか、その理由と筆者の意図が透けて見えてくることもあります。それが血肉になるということです。血肉になったからこそ、そういった細かい違いに気がつくのです。そうして少しずつ型が身に付いてくるのです。

ただし、漫然と写経をするだけではだめです。

他にもっといい表現はないのか、わかりにくい言い回しはないか、それをどう書き換えればわかりやすくなるか、といったことを常に念頭におきながら批判的に書き写さなければなりません。

しかし、これがなかなか難しい‥。そのためにはかなりの集中力が要求される上、書き換えるためには、一定レベル以上の語彙力、文法力が必要とされるからです。

その点、このリライトツールは、まさにうってつけの作文支援ツールであり、いわば「文章力養成ギプス」でもあるといえるでしょう。

語彙力、文法力がなくても、書き換えのための選択肢を自動的に提示してくれるからです。

これはたとえていえば、自ら手本を示しながらていねいに教えてくれるコーチが常に目の前にいるようなものです。

コーチのやりかたを真似ているうちに自然に型が身に付くように、このツールを使って文章を書き換えているうちに、そこにある型とコツがいつしか自然に身に付いていくことになるのです。

私も文章力を高めようとして多くの文章を写経したり、関連する本を読んだり、これまでいろいろな方法を試みてきました。しかし今振り返ってみて、どれが一番効果的かと問われたら、まっさきにこのツールを挙げるだろうと思います。

文章力を高めるというのはそう簡単なことではありません。正攻法でいった場合、一定レベルまで到達するためにはかなりの努力が必要です。最低でも数年の時間とそれに相応するコストがかかるでしょう(私の場合、10年以上かかりました‥)。

そして、そうしたコストをお金に換算したら、相当な金額になるはずです。私の場合でいえば、費やした時間とお金、そしてそのためにあきらめざるをえなかったもろもろの機会費用なども含めて考えればゆうに数百万円以上はかかったものと思われます。

それを思えば、これはたかだか3万円にも満たない商品です。いやしくも文章力をアップしたいと思うような人であれば、何も得られないということはまずありえません。

もしあなたが文章力を向上させたいと願っているのであれば、この際、騙されたと思って購入なさってみてはいかがでしょうか? 購入して後悔することもないと思いますが、少なくともまるまる損をするようなこともないはずです。

ただし、繰り返しておきますが、パクリ目的で楽して記事を書きたいという人にはおススメしません。というよりみんなの迷惑になりますから絶対に買わないでください。文章力を向上させたいと本気で願う人だけ、お求めになりますよう強くお願いしておきたいと思います。