アクセスを集める社会貢献型記事の作り方

flowroute

(これは最初の部分のみのサンプルです)

一記事だけで毎日コンスタントに300pv以上を集めるブロガーが教えるアクセスが自然に集まり、しかも社会に役立つ記事の作り方

 

このタイトルを読まれて、あなたはどう思われましたか? そんな上手い方法があるものかと眉に唾をつけた方も多かったのではないでしょうか。

しかし、今これを読まれているのは、それでもなお私を信用し、このテキストを購入してくださった方々であろうと思います。 その信頼を裏切らないよう、それが実際にあるのだということをここでは誠心誠意、できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。

まず、こちらがその証拠となるサイトのアクセスログです。

makuradata1_s

makuradata2_s

ご覧のように、ここには二つしか記事がありません。しかもアクセスがあるのはほとんど片方の記事だけです。これが示すように、私はこのひとつの記事だけでこれだけのPVを稼いでいます。しかも自分自身も驚いているのですが、その数は月を追うごとに増えています。

では、これだけのアクセスを稼ぐ記事とは具体的にどのような記事なのでしょうか?

こちらです。 →○○○○(まだ秘密です!)

ご覧のようにデザインなどサイトの見栄えは全然なっておりません。じつを言うと私はホームページデザインのコンサルタントもやっております。そのこともあり、これを公開するのはずいぶん悩みました。コンサルタントが作ったホームページがこれでは‥と思われるのが嫌だったからです(笑)。

けれど、これを公開しないで信用を得ることは難しいだろうと思い、腹をくくって公開に踏み切った次第です。 言い訳めいてしまいますが、このサイトはものは試しというほんの軽い気持ちで作ったものです。したがって記事以外はほとんど手間暇をかけておりません。手間をかけるほどの価値もないだろうと最初は思っていたのです。

ところがどっこい。それが大化けしてしまったのです。そうして今またあわててこんな文章を書いているというわけです。 そんないきさつですので、見栄えなどに関しましては紺屋の白袴、医者の不養生ということでご容赦いただけたらと思います。

◎アクセスを稼ぎ、しかも世のため人のためになる記事とは?

さて、言い訳はこれくらいにして本題に戻りましょう。 問題のこの記事ですが、そもそもこれは一体何を目的とした記事なのでしょうか。端的にいいますと、これは「○○○○○○○の人向けに○○○○○○○○○ために書いた記事です。

もう少し一般化していえば、○○○○○○○○○○○○○○○向けに○○○○○○○○○する目的で書かれた記事です。 しかし、なぜそんな記事(以下「○○○○○○型記事」といいます)にそれほど多くのアクセスが集まるのでしょうか?

ここには二つほど理由があると私は考えています。

消費者は○○○に悩んでいる

第一の理由は、世の中にはそうした情報に対する一定の需要があるということです。そして第二の理由は検索エンジンで上位表示されやすいということです。

順を追って説明していきましょう。

まず、一定の需要があるという話からです。なぜそんな需要があるのでしょうか? 背景にあるのは、○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○という事実です。 現代社会には‥

 

続きはこちらからダウンロードしてお読みください(パスワードが必要です)。→全文ダウンロード

以下、主な項目です。

◎ユーザーに有益な情報である

◎具体的な書き方

◎○○○○○を活用しよう!

◎どんな商品が狙い目か?

全文約8300字

 

なおパスワードはこちから入手できます(有料)。→パスワード入手(一般の方)

ココナラからお申し込みされる方はこちら→パスワード入手(ココナラ専用)

 

スポンサードアド

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑