欲求喚起の技術

35

欲求喚起の技術

商品の意味を効果的に伝達する技術

●便益の明示
「ステーキを売るな、シズルを売れ」

●らしさ

本物らしさーースキーマ内で高い評価を得ることになる

●関係付け

メリット(商品の意味と商品を結びつける。背景写真等。
たばこ、はみがき
繰り返し、低関与型、広告宣伝

●代理学習

使用中の表現。食べ物の味を脳内でシミュレーション 食欲喚起

●強調(劇的表現)
ディテールの強調による劇的表現、ある一場面の劇的表現、比較やマンガ、イラストによるセリングポイントの強調

●メッセージの統一
デザイン、コピー、イラストなどのメッセージの統一によるアピール力の相乗作用
●非日常性
お祭り、他界との接触、商品はもともと他界からやってくるもの
外人モデル エンターティメント
財布のひもを緩める効果も
謎を残す
あとは買ってのお楽しみ
旅行番組は、行った気になり、満足させてはだめ。7:3で謎を残すキャッチフレーズのコツも同様。
元型(象徴)へのアプローチ

 

スポンサードアド

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

2016.05.30 Mon
AIDCAって?
PAGE TOP ↑