ハレとケ

matsuri-86

商品を買うもっとも深い動機は、ハレにある。ケガレを払い、元気を回復する(ハレ)ために商品を購入するのだ。そのため、販促の動機付けにはしばしばハレが利用される。

スポンサードアド

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

2016.05.30 Mon
AIDCAって?
PAGE TOP ↑