ホームページ深層診断サービス

4kaisou

ウエブサイトの反応率を高める上でもっとも効果的な施策はなんでしょうか? こう問うとよく返ってくるのがいわゆるグロースハックと呼ばれるおもに表現面にフォーカスした地道な改善手法です。

もちろんそれは大切な作業です。けれどそれによって改善されるのは、数値に換算してせいぜいプラス20%ほどでしかありません。

40:40:20の法則というものをご存知でしょうか? これはマーケティング上重要な要素とその比率を表したもので、それによると売上を決定づけるのは商品力が4割、市場選択が4割、残りの2割がデザインやコピーなどの表現力だとされています。

デザインやコピーなどの表現の手直しによる売上促進策に限界があることはここからもわかります。

それではもっと抜本的な施策はないのでしょうか? あります。それはコンセプトの最適化です。すなわちサイトコンセプトとサイトデザインとの間にきちんと整合性をもたせることです。

上の法則に当てはめて言えば、商品と市場をきちんと向き合わせることです。この作業によって商品力と市場選択力がそれぞれ最適化されます。つまりこれによってもっとも重要な8割の部分が底上げされることになるのです。

もちろんこれらふたつが最適化されれば、残りの2割である表現部分の最適化にもはずみがつきます。見直すべき方向性が明確に見えてくるからです。

すなわちこのコンセプト最適化を施すことによって、売上アップのために必要なすべての部分における改善が結果的に図れることになるのです。

このサービスではウエブ用にアレンジしたAIDMA変形モデルと弊社独自のコンセプト最適化という考え方をベースに、サイト表現をその深層レベルから分析、主観的な好き嫌いではなくあくまでも客観的な視点から改善の方向性をアドバイスいたします。

 

以下の情報をお書きの上、お申し込みください。
■サイトURL
■サイトコンセプト
(一言でいえない場合は以下の情報だけでもかまいません)
■サイトターゲット
■商品とそのセールスポイント
■競合サイト(1〜3サイト)

診断サービスの流れ
1、必要事項をお書きの上、ご依頼ください
2、サイトを拝見し、ご依頼に応じられるかどうか確認の上、その旨返信いたします。
3、ご依頼に応じられる場合、そのまま診断作業に入ります(簡単な質問をさせていただく場合がございます)。
4、最長7日以内に診断結果をお送りいたします。

以下のサイトはご遠慮ください。
●アダルト系やアフリエイトサイト、またビジネスを目的としない趣味のサイトなど
●ご自身の所有ではないサイト

料金 20,000円

よくある質問

この診断で何がわかりますか?

「売れない」根本原因が分かります。具体的にはサイト表現の根本的な間違いがわかります。正しい表現と現在の表現とのずれを指摘いたします。

そもそもホームページに改善の余地があるのかないのかがわからないのですが‥

まずはこちらの無料ホームページ診断サービスで自己診断をなさってみてください。
http://mirainium.com/designchecker/designchecker.html

成果物はどのようなものになりますか?

1、AIDMA理論(WEB用AIDMA変形モデル)からみた表現上の誤りの指摘とアドバイス

2、コンセプト最適化の視点からコンセプトが適切かどうかに関する一般的評価とアドバイス

3、その他気づいた点に関するアドバイス

4、質疑応答(2〜3回程度)

コンセプトがなぜそんなに大事なのですか?

コンセプトはホームページの核となるものだからです。ヘソといってもよいでしょう。人と話をする時はヘソとヘソを真正面からつきあわせて初めて共感が得られるものです。サイトも同様です。ヘソとなるコンセプトが明後日の方角を向いていては、本来得られるはずの共感は得られません。
またコンセプトはマーケティング戦略の土台となるものでもあります。そのあたりを図解したものがありますので、ご覧ください。→http://mirainium.com/whyconcept/

正しいコンセプトを教えてくれるのでしょうか?

正しいコンセプトを作れるのは、プロジェクトに実際関わっている担当者だけです。商品や市場、業界動向、さらに社内事情など十分な知識のない部外者が一朝一夕で作れるようなものではありません。ここではあくまでも「自己申告」のコンセプトを前提に一般的なアドバイスをさせていただきます。なおコンセプトが正しいかどうかを知りたい方には、弊社が開発した「コンセプトチューナー」のご利用をおススメしております。これは質問に答えていくだけで最適なコンセプトがわかるというユニークなツールです。こちらは通常、有料でご提供しているものですが、ご希望の方には無料でご提供いたします。

コンバージョンアップのための細かい施策は教えていただけますか?

申し訳ありません。そうした細かい部分については、すでにネット上でいくらでも探すことができます。ここでは、コンバージョンアップのためにもっとも重要なコンセプトだけに絞ってアドバイスをさせていただきたいと思います。

スポンサードアド

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

2016.05.30 Mon
AIDCAって?
PAGE TOP ↑