designdiagnosis_panelconceptdiagnosis_panel

売れないホームページを売れるホームページへと
劇的に改善する秘策・コンセプト最適化とは?

4kaisou

サイトの反応率を左右する最大の要因は何でしょうか? デザイン? コピーライティング? いいえ、どちらも違います。正解は「コンセプト」です。

コンセプトというのは、建築でいえば設計図にたとえられます。建物のスペックが設計の善し悪しに左右されるのと同様、ホームページにおいてもコンセプトの善し悪しはそのスペック、とりわけ反応率に大きな影響を及ぼします。

弊社では、オリジナルの分析ツールを使った独自のコンセプト診断&最適化手法により、売れないサイトを売れるサイトへ、売れるサイトをさらに売れるサイトへ改善するお手伝いをさせていただいております。

 

表現の奥底まで深く潜って診断いたします。

deepdiagnosis
売れるホームページには必ず的確なコンセプト(=パワーコンセプト)と、それを十分に伝える的確なデザイン(=パワーデザイン)があります。当社のホームページ表現最適化サービスは独自の診断手法によりパワーコンセプトの発見をお手伝いし、それにもとづいたパワーデザインを導きだすことで売れないサイトを売れるサイトへ、売れるサイトをより売れるサイトへと生まれ変わらせます。
 aidca

かっこいいデザインと売れるデザインは違います。

プロのwebデザイナーにつくってもらった「誰が見てもかっこいい」ホームページ。…のはずなのに、どういうわけか売れ行きがいまひとつーー。ネットショップの店長さんからそんなぼやきの声がしばしば聞こえてきます。
これまでデザインというのは、その真偽はさておき「お洒落でかっこいいデザイン」であれば、それに比例して商品も売れるものと信じられてきました。だから広告を出すスポンサー側はデザインという原価もさだかでない無形のサービスにも喜んでお金を払ってきたわけです。
ところがその「良いデザイン」が、ウエブの世界ではどういうわけか、その神通力を発揮しないのです。どうしてでしょうか?
続きはこちら→

スポンサードアド

NEW エントリー

PAGE TOP ↑